ボトックスで小顔に変身!メスを使わずに大きな顔を小さくすっきり

注射でエラ解消

注射器

エラがなくなる簡単な施術

「エラボトックス」は美容整形の中でも簡単さや効果の高さが群を抜いていることから、美容医療分野で需要が高い施術です。そもそもボトックスというのは「ボツリヌストキシン」というタンパク質の一種のことで、表情筋を柔らかくして表情シワを寄らなくするアンチエイジング美容でもお馴染みです。シワ対策のアンチエイジング美容と同じ原理で、ボツリヌストキシンを注射してエラの筋肉を柔らかくし、エラをシャープにするのが美容整形がエラボトックスの原理です。耳の下からアゴ先にかけてあるエラの筋肉が大きいと顔の面積が広くなり、正面から見たときに顔立ちがしまらなくなります。エラボトックスでエラをなくして顎のラインがV字になると、美人度が簡単に数倍アップです。施術は注射をするだけなので5分〜10分程度で終わり、施術をした日のうちにシャワーも洗顔もメイクもできます。ダウンタイムを意識する心配がなく、いつもと同じように生活できるのもこの施術が優れている点です。エラボトックスの効果が持続する期間はボツリヌストキシンの種類などによって違いますが、一般的には3カ月〜半年程度と言われています。半年してボツリヌストキシンが筋肉に作用しなくなると、自然な感じでゆっくりともとに戻ります。小顔効果を保つために、半年から一年に一度のペースで美容皮膚科や美容外科クリニックなどで施術をするのがおすすめです。回を重ねることによって筋肉にクセがついて小顔が当たり前になっていき、だんだん持続力が高まるようになるという報告もあります。シワの予防や発達したエラの改善に大変有効で安全性が高い美容整形として、ボトックス注射は世界各国でブームのように普及しています。ボトックス注射の成分はボツリヌス菌という細菌の一種で、空気のない真空状態の中で育ちます。このボツリヌス菌から抽出したのがボツリヌス毒素で、ボツリヌストキシンとも言われています。ボツリヌストキシンが発生してしまった食品を食べると、食中毒になる場合があります。ただし、医療行為に使用されているのは人体にまったくダメージがでないように精製されてあるので、注射をしても安全性が高いです。「毒素」という言葉を一瞬聞くとなんだか危ないイメージを抱く人も少なくないですが、昔から医療現場で普及していて死に至るほどの副作用の報告はなく、医師たちの信頼も厚い医療行為として知られています。このボツリヌストキシンを有効成分としたボトックス注射には、神経の末端から筋肉に伝達する神経伝達物質アセチルコリンを届かなくする効果があります。注射をしたエリア全般の筋肉の働きが一時的に弱まり、そのため表情じわなどの筋肉が作り出すしわができなくなるというメカニズムです。エラの収縮もお手の物で、数カ所の注射のみでほっそりした小顔に変身します。美容整形手術をするような失敗するリスクもダウンタイムもない上に抜群の小顔効果があるで、世界のセレブの間では常識です。そして最近ではセレブだけではなく一般のOLや主婦の間でも、ボトックス注射でしわを予防するアンチエイジングや小顔にするプチ整形・エラボトックスが浸透してきています。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔に変身!メスを使わずに大きな顔を小さくすっきり All Rights Reserved.